テストステロンの分泌量の低下の影響

テストステロンを増やしたい。もっとスタミナをつけてバリバリ生きていきたい。
そう願っているあなたは最近年齢を重ねるごとに衰えてきたと感じているのではないでしょうか。

 

はじめまして。テストステロンを高めて男らしく生きている山中と申します。
現在48歳の会社員です。

 

テストステロンとはどういった働きのものか大まかな事はご存じでしょうが
おさらいの意味を込めてまとめると、テストステロンとは「男らしさを形成するホルモン」です。

 

テストステロンは性衝動を支配し、男性的な筋肉、骨格、体毛などの特徴を際立たせ精子を製造することにも深く関係しています。
精神的には、闘争心や攻撃性を出し男性的な強い性格を作っています。
特に精力、性欲に関する悩みを持っているなら見逃せないはずです。

 

 

30代後半からペニスが勃起しない、精力が落ちた、性欲そのものがなくなったと感じたら男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が落ちたことが原因なのです。

 

テストステロンを増やす方法にはホルモン注射、筋トレをする、食事を工夫する、サプリメントを摂取するなどがあります。テストステロン補充療法の注射は健康保険が適用されますが医療機関に行かなければいけない煩わしさがありますし
毎日栄養を考えて食事をするのもまず不可能でしょう。

 

つまり、テストステロンをサプリメントで補うことで勃起力強化や性欲を復活させることは可能になるのです。

テストステロンを補う必要性

テストステロンの分泌量は20歳くらいをピークに年をとるにしたがって緩やかに落ちていくのは避けられません。
40代から50代の中高年の男性は、会社におけるポジションの重要性や嫁さんや子供との人間関係の悪化などによりストレスを受けやすい環境におかれることもあり急激にテストステロンが下がるケースもあります。
いわゆる男性更年期障害(LOU症候群)といわれる症状がみられる年代なのです。
男性更年期障害に症状は様々ありますが、とりわけ深刻なのが性欲の減退、勃起不全を訴える男性が非常に多いのです。

 

体の不調はいろんな方面にありますが解決方法は同じです。
自分自身の体のテストステロンを増やすことです。

 

 

テストステロンサプリの選び方

テストステロンを増やすサプリメントには二つのアプローチの仕方があります。
一つはED薬のように無理やり勃起をさせるのではなく天然の成分を摂ることで心と体を徐々に回復させる精力サプリメントで体の根本から男性ホルモンが分泌できる体質に変えようとするもの。
二つ目はL-シトルリン、アルギニン配合のペニス増大サプリメントを利用し血流を促進しペニスに血液がいきわたるように作用するさせます。
どちらも性欲回復が期待できますが、正しい飲み方をすれば数ヶ月の継続が必要です。

テストステロンサプリランキング

テストステロンの役割

テストステロンは性機能と深い関係があるといいましたが、もう少し細かく言うと二つの異なった役割があるのです。

  1. 男性器つまりペニスを形成し発達させる役割
  2. 生涯を通じての心と体を司る脳の活動を指揮する役割

 

人間ははじめは性別のない生物として生まれるのですがテストステロンの影響によって男児と女児に別れます。テストステロンは細胞に信号を送り体の重要な組織を作るように命令します。筋肉や赤血球、精子は代表的なものです。

 

テストステロンの分泌量のピークは生涯に3回ありますが、残念なことに中高年から老年にむかってその量だ徐々に落ちていきます。

 

  1. 胎児の中間期
  2. 出生後の数ヶ月
  3. 10代後半〜20代前半

 

テストステロンは女性にも存在しますがそのレベルは男性の方が圧倒的に多く10倍ものレベルの差があります。
男性ホルモンはテストステロンだと認知される理由がわかるかと思います。

 

テストステロンの量は年齢によって変化があるだけでなく自分が置かれた状況によっても常に変化をしているのです。
何より男性にとって精神的にも肉体的にもショックが大きいのは性欲低下、勃起障害、射精障害、といった男の生きがいが失われることで仕事や趣味も楽しめなくなることです。

 

中高年以降も充実した生き方をするためにもテストステロンをサプリメントで増やして精力増進をしてきましょう。
またペニス増大サプリメントを服用しても初期の段階では性欲が増す作用が現れますのでテストステロンが高まっているといえます。

 

更新履歴