誰にでも人には言えない悩みがありますね。
特に男性の下半身の悩みは一人で悩みがちになりがちになるのではないでしょうか?

ペニス増大サプリには数多くありますが、ゼルタインは最近になり人気も出てきて売れ行きも多くなっています。
ゼルタインの特徴としては200種類もの有効成分を生サプリに詰め込み、ペニス増大だけでなくペニスの勃起力や精液をたくさん作り射精感を向上させる効果が期待されます。
もちろん中折れを改善することにも可能で、いわゆる全方位型サプリメンと言われています。

生サプリ3タイプ方式を採用し有効成分が体内に吸収される時間を短縮し早く増大効果を実感できるのが期待できます。
それぞれアミノ酸・ビタミン系カプセル、植物・酵素系カプセル、動物系カプセルの3つがあり、すべて生サプリです。
生サプリはバリテインにも採用されていますが3つのカプセルのうちの一つだけです。
すべて生サプリのペニス増大サプリは私の知る限りゼルタインだけです。

⇒ゼルタインの公式サイトはこちら

シトルリンが有効

シトルリンという成分がペニス増大に有効であると世間に知れ渡って随分と時が経ちました。これまで数千人もの男性が試したと聞いていますが、その効果は本当なのか検証していきます。
まず、シトルリンが含まれているペニス増大サプリは何種類もあります。
中でも「シトルリンXL」という商品が知名度があり今でも売れている商品であることは疑いはないでしょう。
ちんこが小さいことで悩んでいる男性で知らない男性はほぼいないと思われます。
けれど実際に購入までする人はごくわずかであります。

なぜかというと、飲むだけでペニスが大きくなるのであれば誰もサイズのことで悩んだりすることはないのですからね。実は、この「シトルリンXL」という商品は謎が多いのです。
公式サイトらしきものも存在しないし、販売サイトは一応はありますが他の「ゼファルリン」「ビトックスα」「極GOLD」「「バリテインボルテックス」などのような綺麗なサイトではないのです。
果たしてこんなサイトから商品を購入する人がいるのでしょうか?
いやたくさんいるのですよ。
ペニスを大きくすることさえできればサイトの見栄えなどはあまり関係ないということが真相のようです。
つまり、ペニス増大にはかなりの効果があることがこれでわかります。
ペニスで人生が変わった人の声をきいてみることにしましょう。

私の友人で長年ペニスが小さくて結婚できないばかりか彼女もいないと嘆いていた人がいます。
年齢は30代半ばで今まで数十回とお見合いを重ねましたけど結局デメで、あまり積極的になれなかったのでしょうね。
会話も盛り上がらずに上手くいくわけはありません。
そこで「シトルリンXL」でペニスを大きくしたらどうかと提案してみて今までフラれた女を見返してやればいいと励ましの手紙を添えました。
その友人は早速うるおい生活リンリン本舗というネット通販で3箱買ってとにかく毎日飲むことだけに専念していました。
1か月に「なんだ、このサプリはちっとも効果ないじゃないか。俺は騙されたのか?
せっかく自分を変えようと意気込んでいるのに結果がでないと落ち込んでしまうよ。」
こんなことを話していたので、すかさず怒ってやりました。
「なんだ、お前のペニスを大きくして見た目で判断するろくでもない女たちを見返す反骨精神とはそんなちっぽけなものだったのか?」と
「口コミサイトでも効果が出始めるまでに2か月以上は必要なことが書いてあったぞ!今からが期待できる時期ではないじゃないか。だから俺とお前でこの世の男たちの救いとなるようなことをやってやろうではないか。」
それから友人は再度飲み続けて腹筋運動まではじめてしまいました。
2か月目も終わろうかという時に短小の友人から(その男は短チンと呼ばれていた)「短チンだけど、今日の朝パンツがきつく感じたけどこれはシトルリンのおかげなのかな?」と相談をもとかけられました。
そこで、午後から彼の部屋へ行ってみてペニスを観察することに。
行ってみて、他人の実物のちんこを見るのに抵抗はあったが、悩みを抱えている友人のためだからしかたがないです。
「確かに、以前よりは亀頭が大きく立派になっているような気がするのでこのまま続けてくれ!」と気合を入れてやりました。

実は、私もこんなに早くペニスに変化が出るとは思っていなかったのです。その後、3か月「伸びたぞやったぞ。俺のペニスが長くなった!」と叫ぶような声で電話をかけてきましたね。
今でもその友人の感動するような声は忘れることはできません。
シトルリン配合のペニス増大サプリはいろいろあるけど口コミは人の意見であって実際に伸びるか太くなるかは自分で試してみないとわからないね。

勃起不全の男

EDで悩む男は多数存在しているけど、それは今の時代ではしかたがない部分もあるかと思うのです。
中高年以降の悩みだとほんの数年前までは考えられていました。
10代から20代の若い男にも立たなくてどうしようかと一人で閉じこもっている人がいるのには驚きました。
このスマホやネット情報が氾濫している中では我々が見たくても見ることができなかった夢の女性の体をいとも簡単に見れるわけでから刺激的な画像や映像に慣れてしまっています。
ここに大きな落とし穴があるわけです。
それは、普通のセックスでは勃起しなくなっているところにも今の若い世代でも勃起不全になっている人の割合が増えているのですね。
過激な企画物の映像を見すぎるとそれを実際に生の女性の体を見ても勃起しなくなるようです。
このことを少し医学的に解説していきましょう。

勃起障害の原因

勃起障害は、精神的な要因と血管・神経系の疾患の二つの原因に大別されます。
私の体験では、精神的なストレスやコンプレックスでちんこが立たなくなったことの方が多かったですよ。
学生時代、顔はまあまあでしたが、体が魅力的な女がいたので誘ってみたら上手くデートまでこぎつけました。
そして、それほど行きたくもないけどカフェでそれなりに話をしてホテルへ行くという流れになりました。
10代の頃はとにかく女の裸を見たくてどうにかしてゲットしたいという気持ちでいる男性諸君が大勢いるわけです。
考えていることといえば、どうやってあの娘とセックスできるかしかないといっても過言ではありません。
カフェで時間を潰している時も相手の体を想像したりして息子(ペニス)はビンビン状態です。
おそらく、女もそれに気づいていたのでしょう。
早々にカフェから出てホテルへチェックインしましたね。
ホテルの中でのエッチな内容については割愛しますが、その女は男性経験が何度かあったのだと思います。
私のペニスを見て「あれ、小さいのね。もっと大きいのを期待してたわ♪」と言い放ちました。
これを聞いた男は誰しもショックを受けることでしょう。
その後、立たなくなってしまったことは言うまでもありません。
今の例のようにコンプレッスクや過去にあった性行為が上手くいかなかったトラウマのせいで勃起不全になることが多いのです。
もう一つの血管系の疾患は糖尿病、高血圧症、心血管障害、高脂血症などがあり、血流の流れが悪くなりペニスにも血液が届きにくくなり勃起ができなくなります。
やはり、今考えなくてはいけないのは仕事のストレスでうつ病になることで抗うつ薬を使用せざるをえないことです。

うつ薬は副作用として勃起をするのが困難になることがあります。
特に責任感のある男性がうつ患者になりやすいです。
そして、普段の生活状況も改善しなければいけないでしょう。
喫煙やアルコールの依存などは体に害を与えることは知られていますが生殖器の機能にも悪影響を与えるのです。
勃起しなかったら夫婦円満の生活などありえないのです。
さらにいえば全世界的規模で見た場合は離婚率の増加により人口の減少といったことまで起こりえます。
これは少しおおげさかもしれませんね。
でも、男女関係の間では性生活というのは大切なので、男性の健康状態がなによりも鍵を握ることになります。
たかが一人の男性の問題だけにとどまらず、夫婦間でお互いに協力して勃起を回復していくことや、仕事の残業を減らしたり場合によっては負担の少ない部署や会社に移ることも考慮に入れた方がいいでしょう。
転職は容易ではありませんが勃起を回復するのはそれ以上に困難なことです。

勃起の仕組み

ここで基本的な勃起をする仕組みについて考察します。
勃起が起きるのは大量の血液がペニスの海綿体に流れこんで充満することで大きなチンコになり硬くなることで成立します。
海綿体はスポンジのように伸び縮みしますので血液の流れによりペニスの大きさが変わってきます。
また、リラックスした時に分泌される副交感神経から出る一酸化窒素が血管を拡張させる作用がありますのでより血液が流れこみやすくなりペニスも大きくなるのです。
ペニスを大きくするサプリメントには一酸化窒素を分泌させやすくなる効果もありますのでこれがペニス増大サプリの効果であります。

勃起不全の治療のやり方

まずは電話かパソコンまたはスマホでネット予約します。
予約する時に返信が返ってきて問診票を送り返すこともあります。
問診票の内容ですが、現在の性生活やペニスの勃起状況などの確認事項が主な内容です。
また、仕事や人間関係については細かく記載することが必要です。
現在、服用している薬があれば記載しなければいけません。
特に精神科で処方される薬は勃起不全の治療で飲んではいけない薬もあるので医師に相談するのが賢明でしょう。
当日は、血圧や尿検査や血液の採取などがあります。
薬は医師の診断のもとで必要であれば処方されます。
基本的には、飲む薬が処方されますが、薬を飲めない体調の方は手術による勃起を促すことがあります。
有名なバイアグラ、レビトラ、シアリス、などです。
手術をするのは個人的にはおすすめしませんが、シリコンを海綿体の中に入れる方法や血管を再建して血液をペニスに流れるようにさせるなどの方法があります。
しかし、施術は健康保険の対象外ですので費用が莫大になることがありますので事前に確認しておくことがいいと思います。
引用先:巨根サプリ徹底ガイド~デカチン体験記と最新ランキング!

日常生活

勃起不全を未然に防ぐには規則正しい生活をおくることが大切です。
食事はコンビニ弁当ですませてはいけません。
忙しいサラリーマンにありがちですが、残業で忙しい毎日をおくっていたら野菜が不足していたとかいったことがよくあります。
また、生活習慣病にもなりやすくこれがEDにもつながる可能性はあります。
次に睡眠の質を上げることです。
睡眠時間が長くてもあまり寝た気分になっていないとか何度も目が覚めると質のいい睡眠とはいえません。
夜は7時間寝ることを目標にすればいいでしょう。
成長ホルモンが分泌され新陳代謝が促進されて疲れがとれやすくなり勃起にも良い効果が得られます。もちろん血液の流れもよくなりペニスにも流れこみます。
運動不足の人は軽くでもいいので毎日歩くことから始めるといいです。
これはストレスを発散する効果と筋肉を鍛えることで男性ホルモンの分泌を活発化さえることもできるからです。
たばこは禁煙をしてください。
これを気を付けるだけどペニスの大きさは数センチは違ってきます。
血液がペニスに流れる量が少なくなるからです。

増大サプリの成分に惑わされるな

よく化粧品や育毛剤などに成分表示が記載されていますね。
医薬品でなければ特にこれらの記載義務がないので購入する側からしてみれば困ってしまいますね。
テレビの宣伝などの評判でいい商品かどうか判断しなければいけません。
医薬部外品の場合は成分表示の義務さえないのですから配合割合など記載していない商品はたくさんあります。
ペニス増大サプリにしてもL-シトルリン配合と大々的に謳っていてもそのなかでどれくらい配合されているのか明確にされていない商品がゴロゴロあります
成分表示だけの商品を購入する時はメーカーに直接聞くことも場合によっては必要かもしれません。
ただ、実際には効果があるサプリは口コミで広まりますので口コミの良いものが安心できるので初心者の方はそれでいいと思いますね。
これはペニス増大サプリや精力剤に限ったことではないし、他の化粧品や健康サプリメントなどにも共通しています。
成分表示だけが注目される傾向がありますが大切なのは配合量なのです。

インポテンツと勃起不全

インポテンツとEDを同じ意味と捉えている方がたくさんいますが実はこれは大きな間違いであります。
まずインポテンツとは勃起が不可能な状態のことでEDは治療をすれば勃起が可能なことを示しています。
インポテンツは差別的な言葉で用いられているので個人的にはあまり使いたくありません。
何らかの疾患で子孫を残すことができないことでやむを得ず勃起の治療をしても元に戻ることができないのです。
ですから、EDの方が広い意味合いで使われています。
勃起しないことを単純にEDと呼ぶのではなく性行為はでき射精までできたとしても病気の可能性があるのです。
つまり性行為の満足度が低いということです。
途中で中折れすることや、勃起するまでの時間がかかる、また勃起を持続する時間が短いなどはすべて勃起不全といえます。
今では、インポテンツという言葉は死語のようになっています。
インポテンツ学会も性機能学会と名称を変更しています。

6 オナニーを考える

オナニーとはマスターベーションとも呼ばれ世間では一人エッチとも言われています。
性行為は一人で行うものではなく必ず相手が必要で、すごく親しい間柄でも緊張感というのは必ずあります。
オナニーは自分一人だけで自分の好きな時間に実行できる行為ですのでリラックスした気持ちでできます。
したがって、中高年層の男性では一人で気楽に行えるオナニーの方が好きだという方が全男性の半数以上を占めているデータがあります。
これは交感神経と副交感神経の働きが緊張しているかリラックスできているかで相反する形であらわれます。
気持ちが落ち着いている時はマスターベーションからといって勃起障害ではないとは限りません。
勃起障害はまた気持ちの問題が相当な比重があります。
少し、エッチな画像や映像を見た後などには興奮しているので勃起しやすくスムーズな性行為ができることも多々あることです。
しかし、その反対にまるでムードがない状態では気持ちがエッチな気分になりませんので勃起はしません。

 ゼルタイン ゼファルリン バリテイン
2-1 2-2 2-3
3-1 3-2 3-3